観光バス・貸切バス・バス送迎のご用命は明菱興業株式会社まで!

ヘッダー
  • ホーム_ボタン
  • 用途で選ぶ_ボタン
  • バス車両のご紹介_ボタン
  • よりよい旅のために_ボタン
  • 安全安心を求めて_ボタン
 
安全安心を求めて_タイトル
夜間運行・ワンマン運行について  
夜間運行とは
平成25年8月に行われた運輸法令の開始により、バス運転手にかかるさまざまな要件の見直しがはかられました。
乗務員1名で運転することができる1日あたりの勤務拘束時間、連続運転時間、のべ運転時間、勤務の前後にとる休憩時間、1週当たりの勤務拘束時間、実車走行距離、そして時間帯です。
この中で「夜間運行とは午前2時から午前4時までの間に到着・運行・配車を伴う運行」との定義がなされ、走行距離が400kmを超える場合、乗務員は2名の体制をとらなければならなくなりました。
夜間にバスをご利用の大半は遠方の到着地で朝を迎える目的であるため、乗務員2名体制をとること自体は従来から実施されていたのですが、夜間運行にかかる前と後に8時間以上の休息を2名の運転手にとらせることにかなりのバス会社が苦慮しております。
当社もその例外ではなく、結果としてこれらのお客様には、運賃のかなりの増額をお願いしております。

ワンマン(乗務員1名)運行の限度
この改正により、夜間運行でなくても1日あたりの乗務距離は500km(要件を満たせば600km)となりました。
当社は、企業送迎バス事業から創業したという経緯もあり、安全性の確保を図りながらワンマン運行に努めてまいりましたが、以下の都市より遠方を日帰りの目的地として設定された場合におかれましては、乗務員2名体制での運行となります。運賃も増額となりますが、当社の経費もかさんでおります。なにとぞご容赦ください。

【ワンマン日帰りができる都市・場所】
(新名神経由)三重県志摩スペイン村、伊勢神宮、愛知県名古屋市
(海南湯浅道経由)和歌山県太地町
(北陸・舞鶴道)福井県敦賀市
(山陽道経由)広島県宮島
(瀬戸道経由)高知県高知市、愛知県新居浜市
(しまなみ経由)愛知県今治市
(米子道経由)出雲大社

また、行程によっては、これより近距離であっても拘束時間制限にかかり2名運行となる場合がございます。
なお、1泊以上の行程につきましては、ほぼ従来通りの対応が可能だと思われます。

トップ_お問い合わせフォーム_バナー_左 貸切バス・送迎バス・観光バス・バスツアー
電話_アイコン 079-492-8888
〒675-1125 兵庫県加古郡稲美町和田415-3